[PR]

 筒井康隆さんの短編小説「幸福の限界」に、奇妙な海水浴の場面がある。砂浜は前も後ろも人、人、人の波で、足を踏み入れると、もう引き返すのは不可能。「立ち止まらないでください」のスピーカー音にあわせ、群衆は海に向かって黙々と歩く▼主人公の男は、人間の汗で温かくなった海に腹まで浸(つ)かって、初めて気づく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら