[PR]

 酒に酔って路上で男性を殴りけがをさせたとして、広島県警は23日、福山東署地域3課の巡査長、河井昭正容疑者(33)=福山市引野町3丁目=を傷害容疑で逮捕し、発表した。「殴った記憶はありません」と容疑を否認しているという。

 県警監察官室によると、河井容疑者は22日午後11時40分ごろ、広島市中区薬研堀の路上で、会社員の男性(25)の左ほおを素手で1回殴り、軽傷を負わせた疑いがある。

 河井容疑者はこの日、巡査部長への昇任試験を受けた後、知人と飲酒。酒に酔った状態で路上で20代の女性に声をかけ、駆けつけた女性の交際相手の男性とトラブルになったという。

 相手の男性も、河井容疑者に馬乗りになり、顔を数回殴って軽傷を負わせたとして、23日に傷害容疑で逮捕されたが、同日釈放された。男性は「彼女を守ろうと殴った」と話しているという。

 広島県警は21日にも、酒に酔って知人を殴ったとして、県警本部の留置管理課課長補佐の警部(54)を傷害の疑いで逮捕。過度な飲酒を控えるよう22日に各所属長に通知を出したばかりだった。岩上譲治首席監察官は「不祥事防止に取り組んでいる最中だった。厳正に対処する」との談話を出した。(比嘉展玖)