拡大する写真・図版峰地幹介さん

[PR]

朝ごはんの風景 養鶏家・峰地幹介さん

 自然豊かな山間で、養鶏を営む峰地幹介さん(34)は、子供の頃から鶏とともに生きてきました。毎日の朝食は、やはり新鮮な卵を使った卵かけご飯。合わせる調味料に、生産者ならではの発想がありました。

全国のさまざまな人たちの「朝ごはんの風景」を随時お届けします。あなたの「朝ごはん」をメール(seikatsunews@yctsj.cn)、ファクス(06・6201・0179)、郵送(〒530・8211 朝日新聞生活文化部・朝ごはん係)でお寄せください。

 毎朝午前6時か7時ごろ、自然に目が覚めます。まずパソコンで、その日の注文をチェック。その後、卵の状態を確認するために最低6個は割って、黄身の色、卵白のハリ、殻の厚さをみます。なので、必然的に朝食は卵料理が多く、僕が作る担当です。

記事の後半では、峰地さんの卵かけご飯を動画で紹介します。

 ほぼ毎日、卵かけご飯とみそ汁…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら